法人格否認の法理

今日の労働裁判例
Case65 法人格否認の法理によりグループ会社及びグループ支配者の責任を認めた事案・黒川建設事件・東京地判平13.7.25労判813.15【百選10版2】

(事案の概要)  原告労働者らは、被告会社のグループ会社であるA社を退職しましたが、賃金の一部が未払で、退職金も支払われていませんでした。  被告会社の代表取締役である被告代表者は、グループの社主を称し、グループ各社を被 […]

続きを読む